スポンサードリンク

トライケア
アメリカの医療品
避妊のオプション
妊婦の検診
出産
子供の健診と予防接種
WIC
出産前のクラスやサンプル


医療・育児

ご主人が軍にいる間は、トライケアで軍の病院が無料で使えます。軍を途中で辞める場合、その時初めて軍のベネフィットの手厚さを痛感します。軍は辞めても医療のベネフィットに加入する為に、リザーブとして軍に籍を置き続ける人もいます。リザーブでもトライケアの保険料は結構な金額ですが、一般の保険に比べると安価のようです。無事に軍を20年勤め上げた場合も保険料を支払えばトライケアを利用できます。詳細はトライケアの項目を参照して下さい。

アメリカの医療は、肌荒れなどの軽度の医療はいまひとつに感じました。軍の診療所で子供の大きな耳垢に対応してもらえず、日本の耳鼻科医院でほんの30秒位で取ってもらえたりしました。その代り、手術の技術や痛みの軽減は日本より先を行っている思います。子供に手術が必要になった時に日本とアメリカの病院両方に相談しましたが、日本側はアメリカの技術を取り入れたもので術後は4週間の入院、アメリカは2週間の入院で病院によっては別の最新の手術法がありました。出産も産後1〜2日で退院なのは、その痛みの治療がしっかりしているからみたいです。反面、その痛み軽減の心地良さに頼りすぎてマイケルジャクソンのように依存症になってしまうケースもあり、社会問題になりつつあるようです。

基地の病院は基本的には教育を行う場所なので、実習生が見学したり、ベテランの先生のサポート付で治療を行なったりなどがあります。実習生が関わる場合は事前に告げられるので、嫌な場合は断ることもできます。でも教育の為、出来るだけ協力してあげて下さい。

アメリカの育児で一番驚いたのは、粉ミルクは温めずに常温の水と混ぜてあげることです。全然大丈夫でした。その他日本にはない育児アイテムもありので紹介していきたいと思います。

項目を左側のメニューから選択して下さい。



 
 

Copyright© Kyoko All Rights Reserved
 
SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー