スポンサードリンク

ITIN(税金手続き用番号)
アメリカの銀行
基地での郵便
Yナンバー用免許発行
Aプレート(軽自動車)取得
Yナンバー車の売却
ハウスゲストの手続き
アミューズメント料金一部還元(厚木)
犬の為の手続き
猫の登録手続き
ハウジング
基地で借りれる家電
日本の年金
日本の国民健康保険
マックフライト
アメリカの携帯に無料で電話


Yナンバー車売却

Yナンバーの車の売却は、普通の日本の車を売る場合に比べて 自分でやる手続きが多いです。
わざわざ遠くて不便な陸運局まで行く必要がありますし、 基地以外での手続きも印鑑ではなくサインなので必ず所有者本人が 全ての手続きに直接行かなければいけません。
以下は2005年横須賀での手続き内容です。

STEP1 中古車買取業者の選択

実際に中古車買取業者に行って見積もりをしてもらい、 業者を決めます。
買い取り主が決まらないことには手続きを開始できません。


STEP2 基地のVROでの登録抹消

車を持参した上でVROで車を売却する旨を伝えます。 ここで業者(買い取り主)の名前と住所が英語で必要なので、 あらかじめ用意しておくことをお勧めします。

項目 内容
車の登録抹消 車の登録シールをはがし、仮の紙のパスを発行してもらいます。
売却の手続き 陸運局で必要な書類をまとめて綴じてくれます。
陸運局までの地図入手 くれるわけではなく置いてあるのを持って行きます。
裏面には陸運局で行くべき建物が書いてあります。

STEP3 中古車販売業者で車のナンバーを外してもらう

車を持参し、販売の契約をした後に 中古車販売業者でナンバーを外してもらいます。
ナンバーを外した時点で車は道路を運転することはできません。
事前に別の車と運転手を用意しておき、一緒に来てもらえれば 次の陸運局での手続きにすぐに向かうことができます。

STEP4 陸運局(DMV)で廃車(一時的な廃車)の手続き

別途用意した車以外で行く場合は、電車+バス+徒歩となるようです。
基地のVROで入手できる地図にどの建物に行けば良いかが順に書いてありますが、 とりあえず一番初めの建物に行けば後は次に行くべき建物をそれぞれ教えてくれます。
費用は\350でしたが、1年分で払っていた税金が返ってきました(大した額ではありません)。
ここで、Return to VROと書いてある用紙があることを確認します。

STEP5 VROでの手続き

陸運局でもらった書類を全て、VROに持っていきます。
ここで中古車買取業者向けの書類を発行してもらいます。

STEP6 中古車買取業者での最後の手続き

VROでもらった書類を渡します。 中古車買取業者が用意している書類にサインなどを全て済ませれば 手続き完了です。



私の場合はすべての手続き終了後に中古車業者での書類に不備があり、 翌日に電話があり再びサインの為に出向く必要がありました。
Yナンバーの販売は特殊なケースなので、そういうことも有り得ます。
なので車の売却は余裕を持って手続きしてください。

私がこの手続きに要した期間は、あらかじめ前もって業者を決めて、レンタルカーを用意した上で 2日間でした。
陸運局での手続きは2時間程度でした。(混み具合にもよると思います。)


 
 

Copyright© Kyoko All Rights Reserved
 
SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー