Mil cafe TOP体験談厳選集Mil cafe BBS
新バージョンMil Cafeはこちら
よくある質問
他の掲示板にリンクして下さる前に

icon1横須賀で結婚の手続き
(戸籍謄本英訳サンプル/ 婚姻要件具備・承認状 和訳サンプル/ 出生証明和訳サンプル/ 婚姻証明書英訳サンプル/ 姓について/ 婚姻届記入)
icon1在日米軍人とハワイで結婚
icon1在日米軍人とグアムで結婚
icon1厚木で結婚手続き
icon1コマンドスポンサーシップ
(CS有・無で出来ること/ 予防接種等/ Pap smear/ 歯科検診と治療/ 実行日程記録)

icon1ITIN(税金手続き用番号)
icon1郵便
icon1Yナンバー用免許発行
icon1Yナンバー車の売却
icon1ハウスゲストの手続き
icon1アミューズメント料金一部還元(厚木)
icon1犬の為の手続き
icon1猫の登録手続き

icon1ハウジング
icon1基地で借りれる家電
icon1トライケア(軍の医療保険)
icon1アメリカの医薬品
icon1アメリカの銀行
icon1日本の年金
icon1日本の国民健康保険
icon1マックフライト

icon1アメリカ移民ビザの手続き
icon1アメリカ入国までの引越し手続き
icon1家具の発送
icon1最小限の身の回りの物の発送
icon1日本人海外転出の手続き

icon1アメリカ入国後に基地でする手続き
icon1日本人アメリカ滞在の手続き

icon1引越し費用の例
icon1無駄になった物

icon1マイルやポンド自動変換ツール
icon1世界時計
icon1日本とアメリカのサイズ比較表
icon1ミリタリー用語
icon1英語字幕付の邦画DVD

icon1HP利用時のお願い
icon1管理人のプロフィール
icon1メール
icon1横須賀関連リンク
icon1艦隊の公式HPリンク
icon1サンディエゴ関連リンク
icon1一般のHPリンク
icon1ミリタリーワイフの皆さんのHP紹介


Mil Cafe

こちらは旧バージョンになります。新バージョンはこちらをご利用下さい。

トライケア
軍人とその家族の為の医療保険

アメリカでは日本のような国民健康保険はなく、各個人が一般の保険会社と契約して その保険で医療費の支払いを行っています。 保険料が高い代わりに、日本では保険が利かない出産費用がカバーされていたり、 歯科矯正も全額ではありませんが保険の対象になることがあります。
トライケアとはその保険の軍人向けのもので、一般の保険より安価に設定されています。
トライケアmedicalは軍人と結婚した瞬間から発生する当然の権利とのことです。
ですから結婚後の治療であれば過去の医療費もさかのぼって請求することが可能だとトライケアデスクの方は言っていました。
トライケアdentalは当然の権利とまではならないようです。
特にデンタルはアメリカ国内と日本では扱いが全く異なるので、PCS(転勤)の際は注意が必要です。

トライケアの種類
プライムとスタンダードの違いです。 これらの他にエクストラがあるようです。
種類 内容
プライム 基本的に軍病院のみの利用ですので掛け金は安いようです。会社に勤めていない主婦にお勧めのようです。
スタンダード 掛け金が高い目の代わりに他の病院も利用でき、他の病院のレシートを トライケアオフィスに持っていくと80%払ってくれるそうです。(2006年12月)
日本で会社勤めをしているような健康保険に加入している人にお勧めのようです。
費用はE-5で年間$150、初回に支払いの手続きをし始めた時から引かれ始めるそうです。(2006年12月)

軍の病院、歯科施設の利用可否
軍の病院、歯科で治療できる場合は、基本的に全て無料のはずです。(要確認!) 病院食は自己負担で、後日請求書が郵送されます。
患者 軍病院 in US 軍の歯科 in US 軍病院 in Japan 軍の歯科 in Japan
軍人
家族 ×

日本のトライケアdental(歯科)
軍の歯科は無料で利用できます。
歯の矯正も無料ですが、歯科医の推薦や矯正歯科医の判断の他に、 日本にいる残存期間が少なくとも2年以上でなければ矯正を開始してもらえません。(2004年7月現在)

アメリカのトライケアdental(歯科)
家族は軍の歯科は利用できないので一般の歯科に行くことになります。
そのために加入する保険が UNITED CONCORDIA です。

妻のみの場合は保険料は月々$9.32、妻以外にも1人以上の家族がいる場合は$23.31です。 この金額は2005年のもので、毎年更新されます。
保険料は毎月給料から天引きですが、 クレジットカードの登録が必要で、保険でカバーできない費用はそこから引き落とされます。

こちらの保険は、定期的な検診やクリーニングは無料なのですが、治療は自己負担金が発生します。 治療費が高ければ高いほど自己負担の割合が増えるようです。
アメリカでは、予防は自己負担を無くすので予防に努めるように、といった考え方なのだそうです。
歯科矯正は妻は23歳未満に限り$1500で生涯保障・転院も自由のプランがあるようです。 23歳以上は100%の自己負担となります。

日本のトライケア・スタンダードの場合の払い戻しの手続き
妊娠・出産の診察等や救急、入院などでかかった場合の治療費は75%(2006年2月横須賀)還元されます。
手続きはトライケアオフィスに領収書(コピー可)を持参し、 書類を貰って記入し提出。または直接本人から本土のトライケアオフィスへ郵送。
4〜6週間後にチェックが送られてくる又は銀行振り込み。(日米どちらのレートで計算されるか、チェックか振込みかは担当者次第)
チェックの期限内に受け取らないとお金を貰えなくなるので、受け取ったらすぐ換金を!
郵便は日本←→アメリカが2週間くらいなので、急ぎの場合はエクスプレスで直接送ったほうが早いそうです。

歯科のレシートは対象外で、その他対象外のものもあります。

■アメリカにPCSの場合のトライケア移転手続き

アメリカのトライケアmedicalへの移転
アメリカでは家族はプライムにしておかないと大変な負担金になるようです。 日本とアメリカではトライケアの管轄が異なるので、転属の手続きが必要です。
・日本のトライケアオフィスでやること
トライケアがスタンダードの場合は出発前にプライムに切り替えます。
日本でスタンダードだと、アメリカでプライムにするのに 時間がかかるとデスクの人が言っていました。
→紙1枚の簡単な手続きです。

・アメリカのトライケアオフィスでやること
現地での住所が確定してから日本からの転属の手続きを行います。
60日以内に手続きしなければ、自動的にスタンダードになってしまいますので、
住所は一時的にご主人の実家の住所を指定しても良いとのこと。
ちなみに軍人は家族とは異なり、手続きをすることなく自動で転属されます。

・転属手続き前のアメリカ滞在期間
この期間に病院で治療を受ける場合は、一時的にWPS(Wisconsin Physican Services)という 所の所属として扱われるそうです。その場合は住所をアメリカではなく、日本の実家等のアメリカ国外を記入する必要があります。

アメリカのトライケアdentalへの移転
家族は軍の歯科を利用できず、一般の歯科に行きます。軍人は軍の歯科が利用できます。
こちらは保険に加入手続きを行います。
UNITED CONCORDIA が保険会社です。
オンラインで手続きを行い 、クレジットカードの番号が必要です。また、手続きにはアメリカの住所(ご主人のご両親宅等)があれば日本にいる時から申し込めます。
手続きしてから保険開始までにはお金が絡んでいる関係で、30日〜60日必要です。
毎月20日に締め切りなので、20日の直後に申し込むと60日掛かるということになります。
こちらは保険開始前に歯科治療を受けると、全額自己負担です。
保険の開始は、トライケアオフィスに問い合わせるか、ご主人の給料から保険代が天引きされているかでも判断できます。


※こちらは2006/04にPCSセミナーを受けた時の内容と、 2005/06に横須賀のトライケアオフィスで教えていただいた情報を元に作成しております。

 



Copyrightc 2004-2007 Kyoko All Rights Reserved
 
SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー